実習生受け入れ

三井調剤薬局は、薬学生の実務実習を受け入れています。

現在、薬科大学は国家資格を取得するために6年制の学部を卒業する必要があります。
学生は5年生時に薬局・病院にそれぞれ11週間の実務実習を行うこととなっております。
その際、「ふるさと実習」ということで、学生は実家近くの施設での実習を行うことが一般的です。

三井調剤薬局では、実務実習を通し、学生のみなさんに
「自分がどのような薬剤師になりたいか」
「将来、薬剤師として何が出来るのか」
「地域で活躍する薬剤師とは何か」
を感じてもらいたいと思っております。

カリキュラム

H31年度より「新モデルコア・カリキュラム」が開始となりました。
今までの「プロセス基盤型教育」の実習から、「学習成果基盤型教育」に代わり、OBE(Outcome-Baed-Education)の理念に基づき実践を主体とした実習を行なっております。より実務に則した実習を行うことで、臨床能力を身につけた、質の高い薬剤師の育成を目的としております。

三井調剤薬局には複数の実務実習認定指導薬剤師が在籍しておりますので、その認定実務実習指導薬剤師を中心にグループの薬剤師全員で、学生に薬剤師になるための国家試験対策はもちろん、薬剤師になってからの地盤作りと、そのために1例でも多くの臨床体験を提供できればと思っております。

2019年度の実習生受け入れ

年2回、2ヶ月半ほど実習生を受け入れています。

  • 2019年2月25日〜5月11日 1名
  • 2019年5月27日〜8月9日 1名

実習生の声

三井調剤薬局で実務実習を終了し薬剤師になった方から、実習の感想をいただきましたのでご紹介いたします。

私が実習をさせていただいた際は三井調剤薬局グループには大変お世話になりました。
医療の現場を知らない一学生を優しく迎えてくださるだけでなく、親身に多くの質問に答えて頂き大変充実した実習を送らせていただきました。
特に印象に残っていることは患者さん1人1人に対する熱意です。通常の業務だけでなく勉強会等へ参加して知識を集め、どれだけ患者さんに還元できるかを考えていた点は特にこれから薬剤師としてやっていく上でとても重要だと感じました。
薬剤師は薬だけをみるのでなく、人をみているのだと再認識させられました。
これからの薬剤師人生に生かしていきたいです。

Sさん

三井調剤薬局での実習では、薬剤師としての基本的な調剤はもちろんのこと、多くの医薬品や科診療科目を取り扱っており、さまざまな疾患の患者さんが来局されるので、実践投薬も、より質の高いものをたくさん経験させていただきました。
また、薬局に勤務されている薬剤師の先生方の人数も多いため、様々な先生の指導を受けさせていただけるほか、薬局だけでの薬剤師業務だけでなく多職種連携や学校薬剤師などの地域医療に関する薬剤師業務についても学ばせていただき、大変充実した実習を受けさせていただきました。

Aさん